カテゴリー別アーカイブ: おしらせ

おしらせ【自助グループのリーフレットができました】

(無心でひたすら折る作業は気持ちいい・・・・)

【自助グループのリーフレットができました】

みなさま、こんばんは。
厳しい寒さが続いていますが、日差しには春の気配を感じる今日この頃ですね。
しかし、路面はツルツルだったり、その上に薄く雪が積もっていたりして危険ですね!
わがやは家族が外で滑って転倒→骨折→救急車→入院→手術となり、
けっこうなてんやわんや状態でしたが、そんな中でもおととい心理学講座を終えられて、
ホッと一息・・・というところです。
参加して下さったみなさま、ありがとうございました。
そういえば最近、釧路市内では一日に何台も救急車を見かけますが、
もしかしたらうちのように転倒してけがをする方が多いのでは?
みなさまもどうぞお気をつけて。
転倒は、思った以上に神経系や身体に残るトラウマになる可能性があります。
ケアする方法はありますが・・・そういう私も気をつけます。ハイ。(^_^;)

さて・・・・・
ここのところ、自分の癒しのためのワークショップや、研修や、お仕事、
そして、写真にあげた自助(セルフヘルプ・グループ)のリーフレットを
ふたつ作ったりしておりました。
私たちも参加している「家族と子どもケア・サポートチーム」の主催です。
ないものを作り上げるのは、創造意欲を刺激されて楽しかったです。
やっとできたので、お披露目させていただきますね。

SHGリーフレット/パニック・不安←「パニック障害・不安障害をもつ方のためのセルフヘルプ・グループ」

SHGリーフレット/自死←「大切な人を自死でなくされた方のためのセルフヘルプ・グループ」

↑ご興味のある方は、ぜひタップ(クリック)してご覧ください。
「セルフヘルプ・グループ(自助グループ)」って、なんなのか?
どんなふうにやるのか?
どんな人が対象なのか?
どんな可能性があるのか?

ぼちぼちと、公共施設などに置かせていただく予定です。
見かけたらぜひお手に取ってください。
欲しい方はお問い合わせくださいませ。
2月~4月の開催日時と場所を明記しています。
それ以降は、問い合わせ先にご連絡ください。

必要を感じられる方々の参加を、心からお待ちしております。

中谷内由美

(こないだのワークでいただいた無添加シソジュース!美味!)

おしらせ【パニック障害・不安障害の講座をふたたび・・・】1/31

【パニック障害・不安障害の講座をふたたび・・・】1/31

≪地域のための心理学講座「パニック障害・不安障害」~症状の背景と回復への道のり≫
(前回ご好評につき、2度目の開催です。)
パニック障害や不安障害を抱えている方々は多いものの、
その苦しさや辛さは見た目だけでは他の人に理解されにくいものです。
「またできないのか」「なぜそんなものが怖いのか」「気の持ちようだからしっかりしろ」など、
心無い言葉を投げつけられることもあるかもしれませんが、
これではますます追いつめられてしまいます。
しかし、知識を得て、それらの症状に隠された背景や要因をひもといていくことで、
症状を持つ方々が自分を責めることを減らし、ご家族や周囲が理解を深めることで、
お互いに少しずつ楽になることは可能だと考えています。
この講座では、症状の背景や、脳・自律神経で起こっていること、そこからの回復について、
一般の方々にもかみくだいてわかりやすく学べる機会を提供したいと考えております。
前回参加したかったけど、都合の合わなかった方、新聞記事だけをご覧になって自助に参加した方、
興味関心のある方々の参加をお待ちしております。(参加対象:15歳以上)

〇と き 1月31日(火)13:00~16:00 (受付開始12:50~)
〇ところ 釧路市交流プラザさいわい 201号室
〇参加費 ¥3,000 
      ひとり親家庭、生保受給中の方、学生の方は¥3,000→¥1,500
〇持ち物 筆記用具
〇講 師 心理セラピスト 中谷内 由 美
     心理セラピスト 平 野 直 美
〇参加申込〆切    1月30日(月)まで
〇申込み・問い合わせ先 ①電 話 090-3396-1840 (中谷内/9:00~20:00)
            ②電 話 090-3390-2643 (平野/平日9:00~18:00)
            ③メール kazokutokodomo4@gmail.com (何時でもOK)
☆託児が必要と感じられる方は、お早めにご一報いただけると助かります。

案内PDF↓ (クリックすると大きくなります)

おしらせ【大切な人を自死でなくされた方のためのセルフヘルプ・グループ】1/25~

(先日の釧路市内の霧氷・・・きれいでした)

【大切な人を自死でなくされた方のためのセルフヘルプ・グループ】1/25~

ここを訪れて下さっているみなさま、こんにちは。
大寒を過ぎ、春に向かっているとはいえ、まだまだ寒い日が続いていますね。
いかがお過ごしでしょうか。
なかなか記事をアップできずにいますが、充実と、セルフケアの毎日を過ごしております。

さて、Facebookの方でもお知らせしていますが、
私たちも参加している「家族と子どもケア・サポートチーム」では、
2つ目の自助「大切な人を自死でなくされた方のためのセルフヘルプ・グループ」を始めます。

「セルフヘルプ・グループ」(自助グループ)では、同じ経験をもつ方たちが、
自ら足を運び、自分と同じく大切な人を自死でなくした仲間の話を聴き、
自分の思いを語り、文字通り「自分で自分を助ける」ために集まります。
もちろん、他の自助グループ同様、匿名の参加や聴くだけの参加でも大丈夫です。

そこには一切のディスカッションはありません。
求めていないアドバイスもされません。
「言いっぱなし、聴きっぱなし」の原則のもと、
自分の心に負った傷をそれぞれがいたわっていきます。

自身の経験や思いに直面するのは、ときにつらいことでもありますが、
グループとして平等な立場で出会うことで、支え合うことができるかもしれません。

また、セルフヘルプ・グループの「言いっぱなし、聞きっぱなし」(ディスカッション・アドバイスなし)は、
最もムリなく自分の経験や思いに向き合える方法のひとつである、とも言われています。
安全な場で自分の経験や思いを語り、誰かの経験や思いを聴きます。聴くだけの参加も尊重されます。
私たち自身の経験からも言えることですが、誰かの生の声は聞いた誰かの「宝」になる可能性があります。
「自分だけじゃない」「悲しんでいていいいんだ」「悩んでいいんだ」と思えたり、気持ちが楽になったり、
経験や思いを分かち合うことでなにかに気づけたり、自分の事が明確になったり・・・

このようなことは、さまざまなセルフヘルプ・グループでよく起こることのようです。

もちろん、必要を感じられる方が、ご自分の選択とタイミングで参加していただけたらと思います。

なお、進行役は、しばらくは私たちチームのメンバーがやらせていただく予定です。
私たちは、当事者性(自分自身の問題に向き合っていくこと)を大切にしていますが、
同時に心理の専門家でもあるため、そこに同席すると本来の意味での平等な立場とは言えなくなってしまいます。
しかし、かねてからこのようなグループの必要性を強く感じていました。
そして、自死はとてもデリケートなテーマであるため、特に場の「安全性」が重要です。
その「安全性」をまずはしっかりと作っていくためにも、あくまでも暫定的な方法として、
私たちが進行をサポートさせていただくことをご理解いただけると助かります。

・第1回目は、2017年1月25日(水)10:00~12:00。
・場所は、釧路市交流プラザさいわい203号室。↓
http://www.kushiro-bunka.or.jp/saiwai/access.html
・料金はかかりませんが、会場代などを自由献金でまかないます。
・ここで話されたことは外では話さないことを毎回全員で確認し合います。
・参加申し込みは必要ありません。
・聞くだけの参加、匿名での参加もOKです。

*毎月1回(水曜か土曜)の開催を予定しています。
*2月は25日(土)10:00~12:00(401号室)の予定です。
*3月は22日(水)10:00~12:00(406号室)です。
*予定変更などがあるかもしれませんので、このサイトを時々チェックしていただけると助かります。
*このセルフヘルプ・グループについては以下のWebサイト・Facebookページでも随時お知らせしていきます。
・リフレーム・カウンセリングルーム↓
http://refreme.blog.jp/
https://www.facebook.com/refreme/?pnref=lhc
・アタッチメント・サポート↓
https://www.facebook.com/attachmentsupport

必要を感じられる方々の参加を、心からお待ちしております。

家族と子どもケア・サポートチーム 代表 
アタッチメント・サポート 
中谷内由美


(とても寒い日・・・初めて入った昭和レトロな喫茶店でいただいたココア)

おしらせ【地域のための心理学講座/パニック障害・不安障害】

img_5619

(帰り道・紅葉/弟子屈町)

【地域のための心理学講座/パニック障害・不安障害】

道東はすっかり気温が下がり、雪の便りもちらほら聞こえます。
この週末は、タイヤを交換する方も多いかもしれませんね。
みなさんは、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回のお知らせは「アタッチメント・サポート」ではなく、
私たちも参加している「家族と子ども ケア・サポートチーム」主催の心理学講座です。
 → https://www.facebook.com/kazokutokodomo.kusiro/?pnref=lhc
タイトルは、「地域のための心理学講座/パニック障害・不安障害~症状の背景と回復への道のり~」。
参加対象はクライアントさん限定ではなく、広く一般の方々を対象にしています。

前回、リフレーム・カウンセリングルーム/平野先生とコラボしたテーマとほぼ同じですが、
その時に参加して下さった方々にも復習になったり、新たな学びができるよう、
内容を構成していく予定ですので、お楽しみに。
日にちは11月26日(土)13:00~16:00、
会場は釧路市交流プラザさいわいを予定しています。
名義後援の正式決定が済みましたら、改めて詳細をお知らせいたします。

中谷内由美

img_5572

(打ち合わせにて ホッと一息・・・)

おしらせ【クローズド・コラボ企画】

IMG_5091

(こないだの研修日の空!)

【クローズド・コラボ企画】

北海道は台風の直撃を受けたり、大雨や土砂災害などの警報がでていますね。
みなさんがお住まいの地域はいかがでしょうか。
被害がひどくならないことを祈るばかりです。

さて、アタッチメント・サポートでは、コミュニケーション講座を終え、
日々の仕事のほかに、また新たな企画にとりかかっております。
今回は、カウンセリングやセラピーの契約を結んでいらっしゃる
クライアントさん限定の企画です。
一般の方はクローズドにさせていただいて、
テーマを絞って講座を準備中です。

そして、今回は初めてのこころみとして、
私たちと同じ教育ベースを持った心理セラピストである、
リフレーム・カウンセリングルーム/平野直美先生とのコラボ企画でもあります。
平野先生は、私たちが日ごろから信頼と安全を感じている心理セラピストです。
コラボすることで、内容により幅と深みが出ることと思います。
また、知識だけでなく、癒しの道を歩み始めている自分以外の仲間に出会うことも、
とても大切なことだと、私も経験上そう思います。

では、準備が整い次第、個別に連絡させていただきますので、
もうしばらくお待ちいただけると助かります。

あ!クローズドじゃない企画も、まだまだやります。
お楽しみに。

中谷内由美

おしらせ【コミュニケーション講座へのお申し込み】

image

(朝の散歩で見つけた公園のハマナス)

【コミュニケーション講座へのお申込み】

7月6日(水)からのコミュニケーション講座へ参加予定の皆さん、
お申し込み、ありがとうございます。
できれば5回ともトータルで受講していただきたい内容になっていますが、
すでに欠席の回がはっきりしている方もいらっしゃいます。
なかなか連続で5回は難しい場合もありますよね。
つきましては、補講の日時や、内容の順序について、
参加者のみなさんと私たちとで相談して、
柔軟に対応していきたいと考えております。
5回のうち何回か欠席になってしまう場合でも、
お申し込みの際に、そのことをお話ししていただけたらと思います。
5回参加の方へは修了証を発行いたします。
まだ申し込みは可能です。

おしらせ【コミュニケーション講座の日程】7月6日から

Small group of business people standing in huddle, smiling, low ange view.

【コミュニケーション講座の日程】7月6日から

こちらの都合によりご案内がギリギリになっておりますが、
アタッチメント・サポートでは、以前お伝えしていた通り、
今年度の第3弾として、コミュニケーション講座を開催いたします。
タイトルは、「相手も自分も大切にする コミュニケーション講座」です。
案内のPDFは近日中にアップいたしますが、
あっという間にあと1か月を切ってしまいましたので、
先に日程だけお伝えさせていただきます。
いずれも18:30〜20:30。15歳以上の方対象です。
基本的に全5回を受講していただきますが、
やむをえず欠席する場合はご相談ください。

1回目 7月6日(水)
2回目 7月13日(水)
3回目 7月20日(水)
4回目 7月27日(水)
5回目 8月2日(火)
(最終回のみ火曜日です)

詳細は近日中にこのWebサイトやFacebook、郵送などでお知らせいたします。
お楽しみに。
では、また・・・。

Nakayauchi

おしらせ【お問い合わせについて】

stockvault-lotus-flowers114651

【お問い合わせについて】

早くも年度末・春休み・・・。
釧路の日差しもいよいよ春めいてきましたが、
何かと気ぜわしいことも多い季節ですね。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

4月13日(水)からの「心理学講座(男性限定8名)」と、
4月16日(土)からの「子どもの精神心理講座(親限定8名)」については、
引き続き申し込みを受け付けています。

また、講座の申し込みの他にも、いろいろとお問い合わせいただいていますが、
アタッチメント・サポートでは、いくつかの連絡方法を用意しております。

①事務局携帯電話へ。→090-3396-1840
②メールで。→attachment.946@gmail.com
③このホームページの「お問い合わせ」フォームから。

お問い合わせフォームやメールは、24時間いつでも送信していただけます。
電話は、あさ9:00~よる8:00まで対応可能です。

ただ、電話の場合は特に、すぐに対応できない場合があります。
面接中、研修中、運転中などは出られませんのでご理解いただけると助かります。
メールも、できるだけ早く返信するようにしていますが、
もしなにかの手違いで、送信したのに返信がないという場合がありましたら、
お手数ですが、もういちど連絡をいただけるとありがたいです。

現在、一件、お問い合わせに2度返信をしたのですが、
その後のやりとりが途絶えている方がいらっしゃいます。
お名前がわかりません。
もしお心当たりの方がいらっしゃいましたら、
もういちど連絡をいただけたらと思います。

よろしくお願いいたします。

おしらせ【春・夏の予定】

a0009747_22352566

【春・夏の予定】

アタッチメント・サポートでは、今年の年間計画を立てています。
今日はその一部をここでお知らせしますね。

まず、春から2つの心理学講座をスタートさせます。

ひとつは、男性を対象とした心理学講座です。
あんまりないですよね。
心理学の講座に参加される方々は女性が多いように感じますが、
参加者を男性に限定することで、よりテーマを絞れたり、
男性が参加しやすくなったりするなら、
やってみる価値がおおいにあるとふたりで考えました。
時間帯は、夕方以降にセットする予定です。

もうひとつは、去年すでに試験的に始めていたのですが、
子どもの精神心理学について講座を開催します。
それぞれの年代で起こりやすい問題や、その背景、対応について、
いろいろな側面から、わかりやすくお伝えするつもりです。
これは、子育て中の方がなるべく参加しやすい時間帯に。

さらに、夏ごろにはコミュニケーションについての講座を予定しています。
単なるハウツーではなく、これまでのご自分のコミュニケーションを見つめなおし、
より健全な、その人らしい人間関係を築いていくための道具にしていただけたらと思います。
ご家族や職場での人間関係はもちろん、カウンセリングの基礎にもなる内容なので、
相談業務や支援を仕事にしていらっしゃる方にもお役にたてるかもしれません。

いずれも詳細は、近くなりましたらお知らせいたします。

秋以降も、アタッチメント・サポートでは、いくつかの企画を準備中です。
興味関心のある方々のご参加を、心からお待ちしております。

IMG_1592

(いつも私たちを応援して下さるお店にて・・・)