相談内容

相談内容

主な
相談内容

  • うつ、パニック発作、対人恐怖、不安、気分の落ち込み、眠れない、近しい方の依存症、
  • 近しい方との死別、近しい方の自殺・自殺未遂、ペットロス、
  • 子育ての悩み、発達の気がかり、マタニティーブルー、産後うつ、子どもの病気、
  • 育てにくさ、チック、夜尿、コミュニケーションがとれない、不登校、不登園、行きしぶり、学力不振
  • AC(アダルトチルドレン)、大人の発達障害、引きこもり、職場不適応、DV など

心療の
方法

  • 傾聴と共感を主体としたカウンセリング、効率的な短期療法、
    トラウマや喪失体験を扱うセラピー、夢を扱うセラピー、子どものプレイセラピーなどなど。
    ひとつのものにこだわらず、幅広い理論とスキルの中から、
    その時のクライアントさんに合うと考えられるものを、
    インフォームドコンセントのもとに提供いたします。
  • 子どものプレイセラピーについて・・・
    子どもは、大人のように自分の気持ちやトラウマ体験を言葉で語ることは、まだ難しいと言われ
    ています。プレイセラピーとは、言葉よりも様々な遊びを通して行うセラピーです。
  • 《心理検査》

  • アタッチメント・サポートでは、必要に応じていくつかの心理検査を提案・実施させていただいています。レッテル貼りや確定診断のためではなく、クライアントさんが自分自身を知る手がかりにしたり、私たちセラピストがクライアントさんをより深く理解したり、セラピーの方向性を話し合うための参考にしたりします。また、希望があれば、医療機関や学校・職場などと連携し、クライアントさんをサポートするために使わせていただくこともあります。なお、結果は数値やグラフだけをお渡しするのではなく、「報告カウンセリング」という形で丁寧に時間をとってお伝えさせていただきます。守秘義務はもちろん、信頼できる機関でのスーパーバイズ(指導)を受け、クライアントさんが「受けて良かった」と感じていただける検査を心がけています。
  • ●WAIS・WISC検査(ウェクスラー知能テスト)
    13~14の検査によって、様々な「脳力」のバランスをみるもの。学校の成績や、いわゆる「頭の良し悪し」ではなく、それぞれの脳の得意分野・不得意分野などをさぐります。誰かと比べたり順位をつけたりするものでもありません。特性を生かせる職業や作業、苦手な可能性がある職業や作業なども見当がついてきますので、進路決定や、自分に合った仕事を知るためにも役立つ可能性があります。
  • ●MMPI検査(ミネソタ多面的人格目録)
    パーソナリティ全般のバランスをみるもの。性格傾向や、より深い部分の特質などが理解でき、今後のセラピーの方向性を考えるのにも役立ちます。
  • ●ロールシャッハテスト
    物事の認知や処理のしかた、性格的な傾向をみるもの。これも、自分を深く知る上で役に立つと思われます。(*現在準備中です。)
  • ●その他・各種発達検査
    (*お問い合わせください。)
  • 《ベビーマッサージ》

  • 子育て真っ最中の方や妊婦さん!赤ちゃんにとって良いことづくしのベビーマッサージを体験したり一緒に学んでみませんか?どれくらいの癒し効果があるか、赤ちゃんが教えてくれますよ♪赤ちゃんだけじゃなく、マッサージするママにも同時にとっても良い癒し効果があります。
    (訪問も受け付けております。お問い合わせください。)


対応年齢

乳幼児からシニアまで


※守秘と安全性確保のため、ご契約いただいた方にのみ面接場所をお伝えしています。